「コミュニケーション不足」を解決する方法

「コミュニケーション不足」を解決する方法

  • 「しっかり聞いてなかったの!」
  • 「そうじゃなく、こうしてほしかったのよ!」
  • 「どうして言われた通りにできないの!」

 

職場など、指示されたその結果に対して、このように言われた経験はありませんか?

 

 

 

その問題が大きくなると、決まって責任者が口にする言葉・・・、

 

「コミュニケーション不足でした」

 

 

 

私の経験上、

ミス・コミュニケーションの責任は、指示を出した側にあります。(職場なら、指示を出した上司の責任!)

 

 

 

では、

ミス・コミュニケーションはどうして起こるのでしょうか?

 

 

 

その解決策をこっそりお伝えします。

 

 

 

結論から言いますが、

 

【ミス・コミュニケーションが起こるのは当たり前のことと意識する】

 

です。

 

 

 

「えー、そんなことか・・・」と、落胆されたかもしれません・・・。

 

 

 

しかし、

この「意識する」が、とても大切なのです。

 

人が口にする『言葉』は、実は、あいまいで、ぼやけているものだからです。

 

 

 

人とコミュニケーションを図るとき、『言葉』を口にするのが、ほとんどですよね。

 

指示を出す側の頭の中には、具体的でクリアなイメージが映っています。

 

それを『言葉』に『変換』して、声にして、受け取り側に伝えようとしますが、

 

そもそも

『言葉』自体、具体的なものではありません。

あいまいで、ぼやけているものです。

 

 

 

例えば、あなたが、

「好きなタイプの男性」を友人に伝えるとします。

 

あなたが菅田将暉さん、佐藤健さんがタイプの男性だとします。(違っていたら、すみません・・・)

 

伝える友人が、菅田将暉さん、佐藤健さんを知らなかったら、どのような『言葉』を口にして、そのイメージを説明するでしょうか?

 

 

 

カッコいい姿、爽やかな性格、清潔感などを『言葉』で、どれだけ表現しても、

 

あなたの頭の中に浮かんでいるイメージと相手の頭に浮かんでいるイメージが、ピッタリ一致することは、まずありません。

 

そこで、

彼らの顔写真を友人に見せるはずです。写真を見せることによって、ある程度、そのカッコよさや爽やかさは伝わるでしょう。

 

それでも、

 

あなたが持つイメージと友人が持つイメージと一致することはありません。

 

私の例え話しがピンと来なかっから、すみません・・・。

 

言いたいことは・・・、(;^_^A

 

【『言葉』は具体的なようで、あいまいなもの。自分が描くイメージと相手が描くイメージが違うのが当たり前】

 

そのように、「普段から意識する」・・・ですね。

 

 

 

そのように意識しておくと、

『どうすれば、説明や指示が、相手にしっかりと伝わるのだろうか?』

 

大切な説明や指示ほど、しっかり伝えようと考える習慣が身につきます。

 

口頭だけで説明することなく、進め方を紙に書く、絵を描くなど、伝え方を工夫するようになります。

 

 

 

それでも、あなたの説明や指示が、相手に完全に伝わるとは限りません。

 

そのような場合は、作業の途中経過や進み具合もチェックします。

 

 

 

もしかすると

「あまり細かく指示/説明すると、相手にとっては信用されていないように思われてしまうのでは? 相手が不快になるのでは?」

 

そのような心配を持たれるかもしれません。

 

 

 

そのような場合は、説明/指示をする前に、(あらかじめ)

 

1,まず、その仕事の重要性を伝える

 

 「今回、とても重要な仕事があって、それをあなたにお願いしたい」

 

2,説明が長くなる断りを入れておく

 

「“説明がくどい”と感じるかもしれないけど、ミスが許されないので、ごめんなさいね」

 

3,『言葉』だけでなく、紙に、進め方や図を描き、相手の納得感も見ながら説明する

 

 

 

そうすることで、

 

相手は、いつも以上に、より集中して、より真剣に話しを聞いてくれるはずです。

 

ミス・コミュニケーションが起こることがまずなくなります。私の経験上の話しですが・・・。

 

 

 

家族や親しい仲間ほど、短く、少ない『言葉』でも自分の思いが伝わると思いがちになります。

 

そういう時ほど、ミス・コミュニケーションが潜んでいるものです。

 

関連記事

  1. 本当の自分を知る2つ目の方法
  2. 快適で暮らしやすい!「目標を捨てる」ススメ
  3. ぐっすり眠る方法
  4. 失敗を怖れない方法
  5. 『魔法使い』に願いを叶えてもらう方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP