本当の自分を知る方法その1

『本当の自分を知る』その1「2つの“ココロの準備”」

「どうすれば『本当の自分を知る』ことができるのでしょうか?」

 

そのような質問をされることがあります。

 

 

確かに、

『本当の自分』が見えてくると、物ごとの捉え方や解釈が変わってきます。

 

すると、

自分を褒めてあげられるようになり、人への『感謝』の気持ちも素直に現れ、自分にも、他人にも優しくなれます。

 

やりたいことや役割も、だんだんとクリアになっていくため、自然と、望むような反応や行動が

できるようになっていきます。

 

 

それでは、

『本当の自分』を知るためには、どうすればいいでしょうか?

 

 

  • 心を落ち着かせて、じっくり考える
  • 過去の自分の行いを反省する

そのような方法が浮かんでくるかもしれません。

 

 

しかし、それでできるなら、

誰でも、すぐに『本当の自分を知る』ことができると思いませんか?

 

『本当の自分』を知るためには、まず、次の2つのココロの準備が必要になるかと私は思います。

  1. 過去の記憶や感情と向き合う
  2. 紙、スマホなどに『書き出す』

 

 

『記憶』とは、

生まれてから今までの「人間関係」、「当時の感情」、「トラウマ」など。

うれしかったこと、ツラかったことなど、思い出せる記憶、すべてです。

過去の『記憶』、『感情』が、今のあなたのベースになっているからです。

 

 

『書き出す』とは、

『記憶』を、手を使って書き出しながら、「しっかり向き合う」ということです。

“手を使って”『書き出す』理由は、人間の手は、神経がとても発達している部位ため、

脳に刺激を与え、脳の働きが活発になるからです。

「しっかり」は「じっくり考える」のではなく、

「直観的に/思い浮かぶまま」で大丈夫です。

潜在意識を働かせるためです。

 

 

『向き合って書き出していく』ことで、ヒラメキ、気づき、学びが必ず生まれます。

それが「潜在意識からのメッセージ」ですね。

『本当のあなたを知る』ための扉が開いていきます。

 

 

特に、ツラかった経験、腹立たしい出来事、不満、恐怖などを『向き合って書き出す』ことは、とてもツラいことだと思います。ですが、実は、そこにこそ、『本当のあなた』、『黄金のあなた』が隠れているのです。

 

 

『本当の自分を知る』ためのファーストステップは、

『人間関係、トラウマ、うれしかった経験、ツラい経験、乗り切ってきたことなどを

生まれてから昨日までの記憶や感情を、思い浮かんだまま紙に書き出していく』

 

 

ちなみに、『書き出す』のは、スマホやパソコンでもOKです(無地ノートなど、紙に書き出すのがオススメ)

残念ながら、書き出すことを止めて、頭の中でやろうとしても、それはムダです。

 

では、具体的に、どのように『記憶を書き出して』いけばいいのでしょうか?

すみません・・・。長くなってしまうので、具体的な実践方法は、その2でお伝えします。

 

今回のその1は、

『本当の自分』を知るためには、

  1. 過去の記憶や感情と向き合う
  2. 手を使って『書き出す』

“覚悟する”までの大げさなことではありませんが、まずは、この2つのココロの準備が必要ということです。

関連記事

  1. 快適で暮らしやすい!「目標を捨てる」ススメ
  2. あなたの未来を強烈に変える力
  3. 「コミュニケーション不足」を解決する方法
  4. 失敗を怖れない方法
  5. 苦しみから解放される方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP