死より怖いもの

『死』より怖いもの

今回は、いつもよりシリアスな話題に触れてみたいと思います。

 

賛否はあるとは思いますが『死』より怖いものについて私の考えを書いてみます。

 

動物も人間も、すべての生き物にとって一番怖いものは『死』だと思います。

 

実は、私には、
『死』より怖いものがあります。

それは、

『後悔』…です。

 

 

私にとっての『後悔』は、

  • チャレンジしたいことがあったのに、不安や怖れ、周りの目が気になってやらなかった。

ですね。

 

アメリカで80歳以上の方を対象に
「人生で最も後悔していることは何ですか?」というアンケート調査を行った結果のNo.1は

 

「チャレンジしなかったこと」だったそうです。70%の方がそう答えたそうです。

 

併せて、今になって思えば、

「実際、何とかなっていた…」
「おそらく乗り越えられた…」
と、『後悔』しているそうです。

 

『死』は生き物にとって、
痛みや苦しみ、悲しみが強いから
怖れ、すぐに対処するのは当然のことです。

 

それに比べて、

『後悔』は、痛みや苦しみが伴わず、後になって気づくものなので、ついつい先延ばしにしがちです。

 

しかしながら、

時間が過ぎていくごとに、「チャレンジしなかった」、その思いが積もり、

  • 「自分の人生って、何だったんだろう…」
  • 「どうしてあの時、やらなかったんだろう…」
  • 「人の役に立てていない…」

など、『後悔』が生まれてくるかと思います。

 

 

人生で最悪なのは、

アニメ『鬼滅の刃:無限列車編』で魘夢(えんむ)という鬼が、『死』の直前に言い残した言葉に集約されるかと私は思います。

--------------

  • オレは全力を出せていない!これだけ手間と時間をかけたのに…!
  • アイツだ! アイツのせいだ!(鬼殺隊の煉獄杏寿郎に対して)
  • そもそも、あのガキに術を破られたからがケチのつき始めだ! (鬼殺隊の竈門炭治郎に対して)
  • あのガキだけなら殺せたんだ。あのイノシシが邪魔をした!(鬼殺隊の伊之助に対して)

--------------

 

『鬼滅の刃:無限列車編』は、煉獄杏寿郎さんの誠実さ、想い、生き様が強く表れ、とてもココロ打たれますが、

 

魘夢(えんむ)の最期の言葉にも
深い意味が込められていると思います。

 

しかし、

多くの人が、できなかったこと、やれなかったことに対して、人のせいや環境のせいにすることで、自分を納得させようとする傾向があるかと思います。

それでは、何も変わりませんよね。

 

それが、ゆくゆく『後悔』につながっていくのではないでしょうか?

 

 

確かに、人は周りに流されて生きる方が楽かもしれません。それも、危険を回避しようとする生き物の自然な本能です。

 

でも、もし、

  • 「自分らしくないな…」
  • 「生きていて何かモヤモヤするな…」
  • 「不安や怖れが強いな…」
  • 「本当は、○○をやりたいな…」

と感じているのであれば、そこに「あなたの本心」が隠れているのです。それがチャンスでもあります。

 

  • 抑えながら生きていくのか?
  • 今から少しでも一歩前に踏み出すのか?

 

生き物すべてに必ず訪れる『死』、避けられない『死』を怖れるよりも

 

『後悔』する方が怖いかな…

なんて私は思っています。

関連記事

  1. ぐっすり眠る方法
  2. 底なし沼のような不安が起こる原因と対策
  3. もっと自分らしく生きよう
  4. 相手との共通点を探さず会話を弾ませる方法
  5. 本当の自分を知る2つ目の方法
  6. あなたの未来を強烈に変える力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP