私たちは、“自分に使う言葉”で暗示にかかる

「(私にはできない・・・)」
「(人より劣っている・・・)」
「(失敗ばかりする・・・)」

人は、1日に5万回ほど、
自分自身と『言葉』を使って、
会話していると言われます。

実は、これって、
自分に催眠をかけ、暗示しているのと同じです。

ネガティブな『言葉』を自分に与え続けると
実際にそういう結果になってしまったり、些細なことでもネガティブにとらえたりします。



このメールでは、冒頭の
『NLPコミュニケーションモデル』図を使って、

自分自身に与える『言葉』が
どのような結果となって表れるのか?
『言葉』がどれほど大切なのか?

ディズニーランドに行った場合の例を交えて、簡単に(?)、短く(?)、説明してみます。


【①出来事 → ②五感+AD】

 目の前の出来事(情報)を五感で感じる。
 AD(論理的な内部対話)も使う。

【③『判断のフィルター』→ ④『言葉』】

 過去の経験や価値観、知識から出来上がった
 『判断のフィルター』によって、情報を
 『削除』『歪曲』『一般化』させます。

 自分にとって都合良く情報を変え、
 『言葉』にするということです。

【⑤『ココロの絵』を作る】

 ④の『言葉』から、
 『内部表象(ココロの絵)』を創り上げる。

 『ココロの絵』に、明/暗、遠/近い、
 ピントが合う/合わない、音、体感覚など
 自分の世界観にあった絵を創り上げる。

【⑥『ココロの状態』】

 自分にとって、入ってきた情報が
 ポジティブなものなのか? 
 ネガティブなものなのか?

 『ココロの状態』が生まれる。

【⑦ 行動や反応に表れる】

 『ココロの状態』が『身体の状態』、
 『行動/反応』になって表れる。




このような流れで、人は、

見たこと、聞いたこと、感じたことを
『フィルター』を通じ、都合が良いように、
情報を『言葉』に変え、『ココロの絵』になり
創った絵に対する『ココロの状態』ができ、
その状態によって、『行動・反応』が変わります。



例えば、
ディズニーランドへ行った場合、

①ディズニーランド内に入る

②パーク風景、音楽、雰囲気などを、
 五感で感じる

③過去のディズニーランドでの体験や知識から
 何が起きても、都合の良いようにとらえる。
 (こういうケースではフィルター機能が緩む)

④⑤「ミッキー」、「ミニー」、「デイジー」、
 「ビッグサンダーマウンテン」などの
 『言葉』が頭の中に出てきて、それらが
 『ココロの絵』として現れる。

⑥『ココロの状態』が、
 ウキウキ、ワクワク、ドキドキする。
 (『身体の状態』にも表れる)

⑦ニコニコ、ハツラツ歩く。
 乗り物、パレードを楽しむ。
 『ココロの状態』が常にポジティブ!

 笑顔が絶えない、ついつい買ってしまう、
 何があっても受け入れ、楽しんでしまうなど
 『反応、行動』に表れる。

 (パークを出ると寂しくなりますが・・・)




今回、ネガティブな事例は詳しく触れませんが、

当てはめてみると、出てくる『言葉』が
ネガティブ的な言葉になり、そのような
『反応』が起きるはずです。



例えば、あなたが苦手としている
「○○さん」を、今、思い浮かべてください。



「○○さん」という『言葉』から、
「○○さん」の『ココロの絵』が現れます。

その『ココロの絵』によって、
『ココロの状態』が生じるはずです。

『身体の状態』や『反応』が
ディズニーランドとは大きく違うことに
気づくかと思います。



このように「○○さん」という
『言葉』が出てくるだけでも、
「苦手」な『反応』が呼び起されるのです。



これと同じで、自分に対して、
ネガティブな『言葉』を使うと、

『ココロの絵』もネガティブになり、
『ココロの状態』もネガティブになります。

それが、『身体の反応』に表れ、
『行動や反応』にも表れてしまうのです。



ですから、
誰かに言うことも、聞かれることもないので、

自分自身との会話の中では
ポジティブな『言葉』をたくさん使って、

自分に対する『ココロの絵』を、お互い、

もっと明るく、
もっとハツラツと、
もっとイキイキとさせましょう!



『ココロの状態』を、
『望む状態』に変えていけるヒプノセラピー、
NLPをさらに学ぶととても面白いですよ。

関連記事

  1. あなたの未来を強烈に変える力
  2. ぐっすり眠る方法
  3. 苦しみから解放される方法
  4. モチベーションが上がらない!その対処のしかた
  5. 相手との共通点を探さず会話を弾ませる方法
  6. もっと自分らしく生きよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP